MENU

神戸でのヒゲ脱毛の料金

ヒゲ脱毛と自己処理の方法との比較で大きな違いが出てくると思われるのが、やはりヒゲ処理するためにかかる料金ではないでしょうか。

ヒゲ脱毛のコストは、ヒゲの範囲、濃さ、店舗によっても異なりますが、一般的に神戸だと顔全体のヒゲ脱毛をツルツルになるまで行った場合には、10万円前後のコストがかかってしまいます。部分的な脱毛なら5万円前後で済む事もあります。

その一方で、自己処理でかかるコストとなると、カミソリの刃、シェービングクリーム等、スキンクリーム等になりますので、一通り揃えても3〜4,000円程度のものです。そのため、初期コストは圧倒的に自己処理の方が安く済むことになります。

じゃあ、料金を考えたら自己処理した方が良いのか、というとそういうわけではありません。自己処理にかかる料金はあくまで初期コストであり、カミソリの刃は定期的に交換しないといけませんし、クリーム等もなくなれば購入しないといけません。

そのコストは少なく見ても月に2,000円位はかかってしまうものです。となると、2年で50,000円近くになり、わずか4〜5年でヒゲ脱毛を行った際にかかる費用分に相当してしまうのです。ヒゲ脱毛の場合には脱毛が完了すれば全く料金はかかりませんから、それ以上費用は不要です。

もちろん、永久的に生えてこないわけではないので、数年後に生えてくればまた処理しなければいけなくなりますが、それでもすぐに脱毛前のヒゲの濃さになるわけではないので、コストは大きく削減できる事でしょう。

神戸でのヒゲ脱毛【クリニック編】

メンズリゼクリニック

メンズリゼクリニックのバナー

【神戸の医院】

医院名:神戸三宮院
住所:兵庫県神戸市中央区磯上通 4-1-14 三宮スカイビル4階
診療時間:10:00〜20:00
休診日:不定休

メンズリゼクリニックの公式サイトへ

湘南美容外科クリニック

湘南美容外科クリニックのバナー

【神戸の医院】

医院名:神戸院
住所:兵庫県神戸市中央区御幸通6-1-10 オリックス神戸三宮ビル5F
診療時間:10:00〜19:00
休診日:年中無休

湘南美容外科クリニックの公式サイトへ

神戸でのヒゲ脱毛【サロン編】

メンズTBC

メンズTBCのバナー

【神戸の店舗】

医院名:ミント神戸三宮店
住所:兵庫県神戸市中央区雲井通7-1-1
診療時間:平日12:00〜21:00、土日祝10:00〜19:00
休診日:年中無休

メンズTBCの公式サイトへ

RINX -リンクス

リンクスのバナー

【神戸の店舗】

医院名:神戸本店
住所:神戸市中央区琴ノ緒町4-3-3 GH三宮駅前ビル6F
診療時間:平日12:00〜21:00、土日祝11:00〜20:00
休診日:木曜日

リンクスの公式サイトへ

神戸でのヒゲ脱毛の注意点

ヒゲ脱毛の方法としてあるのがレーザー脱毛やフラッシュ脱毛などの方法で、これらの方法による施術というのは効果の継続時間が長くなっており、レーザー脱毛になると永久的な脱毛効果を得ることができるので今後のヒゲ処理にかかる手間を省くことができます。

特にヒゲが濃い人は一日に数回も時間をかけてヒゲの処理をする必要性が出てくることを考えると処理をしてもらうことによる効果の継続時間の長さというのはかなりメリットに感じる人も多いと思います。

一方で、生えているヒゲの処理をするということになるので肌に対してかかってくる負担についてはより大きくなってしまうという点にも注意が必要で、肌トラブルの原因になることも少なくありません。

肌トラブルを避けるためにはヒゲ脱毛を受ける前には必ずカウンセリングを受けて対応するスタッフやクリニックであれば医師に肌の状態を診てもらってから施術を受けることができるかどうかの判断をしてもらうことになります。

せっかくヒゲ脱毛をして処理をすることができたのに肌トラブルが起こってしまって目立つようなことになってしまってはいけないので、そうならないようにするためにもしっかりヒゲ脱毛を進めていくことが必要になります。

最近であればインターネットの普及に伴って情報集めを便利に行うことができるようになっているので、神戸のサロンやクリニックで施術を受けた人が発信している口コミの情報などもあわせてチェックしておくと失敗は減ります。

痛みで店舗を選ぶ

神戸でヒゲ脱毛する店舗選びでは施術の痛みで判断することも大切です。他の部位の脱毛であれば、多少痛みを感じるような店舗であろうと、痛くて飛び上るほど、我慢できないほどではありませんから、痛みに比較的強い方は気にしなくてもいいかもしれません。

ですが、ヒゲ脱毛は基本的にどこの店舗に行っても痛いものです。ですので、痛みに弱い方はもちろん、あまり気にしないという方でも痛みを感じることは多々あります。

ですので、ヒゲ脱毛の店舗選びの注意点としては、できるだけ痛みが少ないところを選ぶようにするのがいいでしょう。いくら脱毛効果が高くとも、痛すぎて施術にならなければ何の意味もありません。

とはいうものの、痛みは個人差がありますし、実際に体験してみないとわからない部位なので、なかなか痛みで比較するのは難しいでしょう。ただ、大まかに分けると、ヒゲ脱毛は光脱毛かレーザー脱毛かになり、痛みを少なくという方は脱毛サロンでの光脱毛が適当でしょう。

それでも痛みがあるかもしれませんが、レーザー脱毛だとより痛みが強くなります。ですので、まずは神戸の脱毛サロンなのか脱毛クリニックなのかを見極めることです。それだけでも痛みで比較することはできます。

ただ、レーザー脱毛の場合には、店舗によっては施術前に麻酔をしてくれるところもあり、まず痛みを感じずに脱毛できることでしょう。そこでの比較ができれば、あとは脱毛方法、実際に脱毛した方のコメントを比較してみるのもいいでしょう。

ローン利用の注意点

ヒゲ脱毛を受けるにあたってかかってくる費用が高額な場合はローンの利用をしてお金を借りるという選択肢もあり、借り入れがどれくらいになるのかというのも把握しておく必要性があります。

ヒゲ脱毛のローンを利用するためにはローンの申し込みをしなければなりませんが、申し込み方法についてはネットからでも対応しているところが多いので、各金融機関のローンサービスをチェックしてから利用を検討するという方法もあります。

ローンを利用する場合に重点となる部分は金利の高低で、金利が高く設定されているところほど返済における負担については大きくなってくるため、できるだけ金利は低めに設定されているところの方が望ましいと言えます。

ちなみにヒゲ脱毛にかかる費用をローンにしたい場合の選択肢としては医療ローンの利用をするという方法だけでなく、他にもカードローンの利用をするという方法もあるので該当する医療ローンがない場合はフリーで利用できるカードローンも選択肢としてあります。

ヒゲ脱毛を自分で行うという方法もありますが、この場合は家庭用脱毛器の購入となり、家庭用脱毛器についても数十万円の費用がかかることもあるのでローンを利用して購入を進めていくというのも方法の一つとしてあります。

ヒゲ脱毛で気を付ける点としては脱毛の流れをきちんと把握するということで脱毛をすることによるヒゲ周辺の肌への負担もあるのでケアなどもあわせて考えるようにしましょう。

学生でもヒゲ脱毛できる?

ヒゲ脱毛を希望するのは、20〜30代くらいの方が多い傾向にあります。ファッションを気にかけて、よりカッコよくなりたいということ、仕事に行くのに朝ヒゲ剃りをするのが面倒だ、という事が多くの理由です。

ただ、ヒゲが気になるのは何もその年代だけではありません。高校生や大学生などの学生もヒゲが濃くて悩んでいる方も多いです。ヒゲの濃さは体質的、遺伝的要素が大きく、高校生でもおじさんのような非常に太くて密度も濃いヒゲがある方もいます。

ヒゲが濃いと学生でも剃るのが面倒ということもありますが、それよりもヒゲが濃いことでどうしても老けて見えてしまうというのが大きな悩みになるでしょう。思春期の真っただ中なのにオヤジのような見た目では何かと嫌なものです。

では、そんな学生でもヒゲ脱毛できるのでしょうか。

これについては店舗によって異なりますが、基本的には学生でも問題なくヒゲ脱毛できます。ただ、学生の方はまだ成長段階にあるため、仮に脱毛が完了してもそれから新たな毛根が生まれて、ヒゲが生えてくる事も充分に考えられるのです。

そういった場合のやり直し、もしくは失敗と思われるのが嫌で学生は不可としているところもあります。また、学生のヒゲ脱毛もOKとしている店舗でも、未成年の方は保護者の同意が必要になります。

保護者と同伴すれば一番いいですが、同意書でもOKです。

ただ同意書の場合には直接保護者と電話等で確認することになるので、親に内緒でヒゲ脱毛はできないので、まずは親に相談しましょう。

日本医学脱毛協会